一般歯科・根管治療

むし歯治療・根管治療時に心がけていること

むし歯治療・根管治療時に心がけていること

細菌が入り込まないよう、精密に治療を行います。また、患部の状態によっては痛みを伴う場合がありますが、極力患者さんが痛みを感じないよう、最小限の治療に努めています。

むし歯治療・根管治療を先送りにするリスク

むし歯治療・根管治療を先送りにすると、むし歯菌は栄養を求めて歯から顎の骨へと侵入し、骨髄まで到達すれば、骨が壊死する可能性もあります。

むし歯の放置は、歯だけではなく、全身のリスクとなっていることを知っていただけたらと思います。

痛みの少ない治療について

痛みの少ない治療について

申し訳ないのですが、確実に悪いところを取るためには、痛みを与えてしまうことがあるかもしれません。しかし、なるべく最小限の痛みで済むよう、処置にはさまざまな工夫をしています。

また、目には見えず、感じ方の個人差も激しい「痛み」を扱っているという自覚を常に持ち、患者さんの気持ちに寄り添うことを心がけています。

治療中の歯を残すか抜くかの判断

治療中の歯を残すか抜くかの判断

歯の神経を抜くと歯の寿命が短くなることが、統計で明らかになっています。よって、基本的にはすべての歯の神経を残す考えです。ただし、痛みがある場合は抜歯いたします。

治療後の注意点

神経を取らなかった場合(軽度な治療)

少ししみるなど軽度な症状であれば、まずは様子を見てください。神経の回復を待ちます。

神経を取った場合

歯を通り越して顎の問題になる場合もありますので、最後まで治療をすることが大切です。

根管治療を行った場合

途中でやめずに最後まで治療に通い、むし歯菌をきちんとなくしておきましょう。

ご相談・ご予約はお気軽に

お口の事でお悩みがありましたら、
abcデンタルクリニックまでお気軽にお越しください。

pagetop